十九歳になる年の秋頃から、妙に体の怠い日々が続いた。冬が近づいていくにつれて体調は悪化の一途を辿り、遂には起き上がることもできなくなった。実験体ヨーギラスに噛まれた後遺症が赤黒い痣となって残ってからというもの、微弱な波を伴う不調を左半身に抱えて生きてきたが、ひと月も寝込んでいたのは流石にあの時期だけだった。郊外では、着々と実験の準備が進んでいたのだろう。ココウ近郊の爆心地に据えられた実験体バンギラスからは、強化剤の微粒子が風に乗って飛散して、それがトウヤの過敏体質を苦しめていたのだ。
 あの夜のことは、本当によく覚えている。
 誕生日だった。夜更けにふと目を覚まして、鉛のように重いはずの体がその日だけ奇妙に軽かった。良い夢でも見たのだろうと思った。よろめきながら布団から這い出て、まだどこか夢を見ているような気持ちで、窓を開けて夜空を見上げた。
 あれも雪の少ない冬だった。ココウの街並みと、黒々とした森の上に、大きな月が浮いていた。
 満月が本当に綺麗だった。
 ――遠方から強烈な光が放たれたのは、近づいてきたハリへ振り向き、窓辺から離れた直後だった。そのあたりで気を失って、数日間朦朧としていたが、町の外では信じられない異変――一夜にして草木が灰に変わり、森は火も放たないのに焦土になり、大嵐に灰の流された後には獣の死体が転がっていた――が起こった。あの光が『死の閃光』と呼ばれる所以。トウヤも光を浴びた。直接目にはしなかったが、背中には浴びた。
 そうか、あの光の中に、父さんと母さんが。
「……有り得ないって思ったよ、二人とも死んだって聞かされたとき」
 雪の荒野に倒している姉の目は、氷のように尖っていた。
「だって完全に無駄死にじゃん、これ。トウヤなんかほっとけばよかったって言ってんじゃないよ? ココウが危ないなら、避難すればよかっただけじゃんか。私言ったんだよ、一時的にでも別の町に避難するよう連絡しなよって。なんならこれを機に連れて帰ってくればくらいには言ってやったよ、父さんもそれいいなってニヤニヤしてたし、母さんなんか家片付けとけよって言うからさ、私、ばかみたい、本当に家の掃除して」
 でもその目が永久凍土でないことはトウヤもよく分かっていた。
 その目がそう遠くない過去に氷ではなかったことも、優しくて儚くてどこか野花みたいだったことも、それが炎のように燃え上がって涙したりすることも、直接にも人づてにも知ってきた。
「なのに実験場に押し入って死んだって、なんで? ボールの中にいた母さんの手持ちたちまで皆焼け死んで、アサギだけ生きて戻ってきて、なんでなの? 私、トウヤが言ったのかと思ってたよ、ココウを離れたくないから実験を止めてくれってあんたが言ったのかと思ってた。違うの? なんで知らないの?」
 その人が、こんな冷酷な目をしなければならなくなったことを、トウヤが非難できる謂れなどないのだ。
「ねえトウヤ、こっちが聞きたいよ。父さんと母さんはなんで死んだの?」
 問いかけに返せる言葉などなかった。
 ただ、返す言葉のない自分が、こうして彼女を押さえつけている罪深さが、急激に襲い掛かってくる。
 知らないよ、と、言ってしまいたかった。言って許しを乞いたかった。だが随分と空虚になった心臓の拍動が言葉を押し出していかないのは、その一言がミヅキにとっていかに卑怯な言い逃れに聞こえるだろうかを理解できるからだった。誰もあの人たちを殺してはいないし、犯人らしい人もどこにもいないが、だが、確かに、トウヤという生き物がこの世界に存在しなかったとすれば、二人とも死ぬことはなかった、という事実だけは、疑いようもなくそこにある。
 僕が悪いのか。
 ――本当に、僕が悪いのか?
「……でも……ぼ、くは」
「『僕』?」
 ミヅキは仮面の下にある感情を踏みにじるかのような笑い方をする。
「まだ僕なんて言ってるの? かわいいね、いつまでも子供みたい」
 ぐ、と背後から体が持ち上げられるのに、されるがままだった。傍にどさりと捨てられたあとも四肢に力が入らない。知らぬ間に後ろにいたアサギは、たったいまトウヤの背から取り上げた旅荷の留め具を、引き千切った。アサギと戦っていたハリとハヤテは折り重なって倒れていた。手足がおかしな方向に曲がっているのに、二人とも微動だにしない。
 アサギは黙って荷を逆さまにし、どさどさと中身をぶちまけた。
 特記するまでもない旅荷の合間から、裸で突っ込んでいた写真たちが流れ出て、風にくるくると足元を舞う。それを気にするでもなく、立ち上がり近づいたミヅキが、足先で荷物を漁った。
「ボールなさそうだね。ラティアスのボールはやっぱこれ? 中身はどうした? どこに逃したの?」
 粗末に投げ捨てられたものを視線が追いかける。罅割れた紅白球のふたつ。
 興味本位でハリのモンスターボールを分解し、戻せなくなって泣いていた子供のときの記憶が、唐突に蘇った。
『いつまでも子供みたい』
 ――だろうな。
 自嘲的よりも軽薄な蔑みが、脳裏に浮かぶ。
 ワカミヤトウヤという人物は十歳になった日の夜に死んだのだ。十歳の子供のまま、歳を取ることを拒んだのだ。大人の気をひく快楽のために悪戯ばかりして、癇癪を起こして餌に毒を盛り、姉の手持ちを殺してしまう子供の精神で止まったまま、ずっと迷子のような顔をして、その癖入れ物だけ無駄に成長して大人になったつもりになって、だからこんな言い訳を考える。
 だって、父さんが迎えに行くって言ったから。
 必ず迎えに行くから、それまで待ってろって、だからいい子に待っていたのに。
 待っていたから、父さんも母さんも死んだって言うのか?
 姉さんはそう言いたいのか?
 じゃあ僕はどうすればよかったんだ?
 どうすれば二人を助けられたんだ?
 あんたたちに、勝手に産まれて、勝手に見捨てられた僕に、
 ――得体の知れない感情が、冷め切った腹の底に溜まっていく。
「どこに逃したか、教えないの?」
 黙する弟を煽るように、姉の双眸が弧を描く。
「へえ、いいの? いいのかなあ。さっき燃えてた男の子、ココウから連れ出してきたって子でしょ?」
 白い手がおもむろに自身の腰へ伸びる。サイドポーチから取り出された小瓶の蓋が捻られる。
「あーあと、あの若いレンジャーも。ピジョンもハピナスも。あ、それから、ココウで火事に巻き込まれたっていうポッポも?」
 瓶の内容物を、煽る直前に、流し目がついとこちらを見下ろす。
「みんな可哀想だね。なにも悪いことしてないのに」
 続きを言わなかったのは、小瓶の中身を、彼女が口に含んだからだった。
 すとんと傍にしゃがみこむ。両手で頭を抱えられる。首を少し傾け、顔を寄せる。あまりに手慣れた動作、躊躇のない早業に、トウヤは目を見開くことしかできなかった。

 あたたかくやわらかいものが触れた。
 唇のあいだから、生魚のような感触のそれが、ぬるりと入り込んできた。

 四つか五つ、指を折るくらいの、長い長い一呼吸。
 身をくねらせて、それが口内を泳ぎ回った。それは溶けるように熱いが自分の舌と混ざる温度をしていた。何が起こってるのか、今、何をされているのか、トウヤにすぐに了解できたはずもないが、目の前に映った彼女の瞳の奥深くの色彩に準ずる五感のそれぞれは、理解できずとも象徴的に刻み込まれた。艶いた匂いが鼻腔を埋め尽くす。抜ける吐息が熱く頬を撫でる。くしゃりと己の後頭部を混ぜた指先に、促されるように、口内を満たす苦い甘味を喉奥へ受け入れかけた瞬間――
 ほとんど無意識に、トウヤはミヅキを突き飛ばした。
 身を返し蹲る。内蔵を殴るような咳を繰り返す。口移しに流し込まれたものをなんとか吐き出そうとした。だが遅かった。
 気道が狭窄する。息がほとんど通らない。
 面白いほど痙攣する左腕が目に見えて赤みを増し腫れ上がっていく。
 全身に火が放たれたように熱い。
 ――あの小瓶。リゾチウムか。内臓に掻きむしりたくなる不快感がこみあげ、熱に反する凶悪な悪寒が全身の制御を奪い去った。
 痛い。熱い。寒い、熱い、寒い、寒い、寒いさむいさむい……
「……ちょっとはモモの気持ちが分かった?」
 口の端を拭ったミヅキが、立ち上がりかけ、もう一度傍らへ腰を下ろす。
 震える手でもがくように砂を掴む弟に、ひょいと顔を傾けて、

「これで終わると思うなよ」

 ――視界の端に映っていた絶対零度の表情が、はたと何かに気付いて、拾い上げる。拾い上げたものがすっと上へ流れる。トウヤはそれに目を引かれた。
 引かれて見上げた空が暴力的に眩しかった。
「仕方ないなあちょっとだけ時間あげるよ。そうだね、十日後、ココウで落ち合うってのはどう? 逃したなら連れ戻しておいで。連れてこれなかったらどうなるか、トウヤは賢いから、分かるでしょ?」
 何をしている! と遠く声がする。ヒビ方面から滑空してくる数羽のムクホークはトウヤの目には映らない。ぐらぐらと揺れる視界には、アサギの巨体をボールに吸い込んでいる女と、その指先が摘んでいるものしか映らない。
「あんたの手持ちたち。ココウの駐在レンジャー、サダモリさんだっけ、十八歳の女の子。逃走を手伝ってるらしいね。なんならココウのお友達とか、ハギのおばちゃん、あと、そうだ、弟子とか言って可愛がってる子がいるらしいじゃん? それと、」
 写真を、ミヅキはぴらぴらと弄んだ。
「ハシリイのフジシロカナミさん? お腹に赤ちゃんがいるそうね」
 懐かしい笑顔が指の間に挟まれている。
 ――カナは関係ないだろ!
 声は出ず、唾すら吐けず、
 
 ぶちん、と頭の裏のあたりで、何かが弾ける感覚がした。

 舞い降りてきたピジョットにひらり飛び乗り、ほぼ同時に翼が空を撃つ。気流と共に飛び立っていくものをトウヤは追いかけようとした。立ち上がっていた。腕を伸ばしていた。背後から知らないレンジャーに抱え込まれ、ムクホークが鳥影へ追随する。トウヤにはそれらは見えなかった。あの影の形しか見えなかった。
 おい!
 逃げるな!
 逃げるなよ!
「――ぁああああああああああッ」
 腫れ上がった喉を咆哮が切り裂いた。
「いいか!」
 明らかに異様な精神状態にある男を、レンジャーが抑えようとする。その腕の中でトウヤは空へ唾を飛ばして吠える。
「その人たちに! 手を出してみろ!」
 急激に遠ざかっていく影。あの影は確かに嘗て神だった。姉は弟を慈しみ、弟は姉のすべてを信じた。あれからこんなに時が経ったのに、まだ女神を気取っている。だからそうして、嘲笑うかのように、聞かぬふりをしていられるだろうが、
「そのときは、――――れがっ、」
 あなたが飼い慣らしていたものが、預かり知らぬところで、牙を持つ竜になったことを、
 まだ、あなたは知らないだけだ!


「――――"俺"があんたをぶっ殺してやるッ!!」


 じきに、影も形もなくなって。
 それから。
 笑いが漏れた。
 ああ。ひどく笑えた。最初萎びた風船からやっと押し出されたようだったものは次第に哄笑へ変わっていった。身を捩らせて笑うたび命が燃え尽きていくようだった。レンジャーに羽交い締めにされ、挙句地面へ押さえつけられながら、残る体力のすべてを掻き集めて笑い声を轟かせた。体じゅうが熱くて冷たくて苦しくて白い空は痛いほど眩しく視界はぐるぐると回り続ける。ああ。ああ! 愉快で愉快で仕方ない! なんて滑稽なのだろう! この人生のなにもかもが! なんだ自分はこんなに笑えたのかとトウヤはいっそ胸が躍った。今まで生きてきた中でこんなにも力いっぱい笑えたことがあっただろうか。子供の頃はあったかもしれない。でも何も思い出せない。毒々しい己の笑い声が世界を汚染するたびに、せっかく姉が光で満たしたあざやかな空が、だんだんと閉塞していって、敬虔な闇が訪れる。

 愛などいるものか。

 最後にそう思って、ふと楽になった。

 目を瞑る。

 幾分、幸せな心地がする。





 →
 
 <月蝕 TOPへ>
<ノベルTOPへ>